薬剤師としての資質

薬剤師として必要な資質とは

薬剤師の仕事の種類や幅が広がってきているとはいえ、職業として必要になる基本的な資質には大きな変化はありません。
すなわち「専門家としての探究心」と「患者の目線に立った薬品の提供」の二つです。

薬剤師として現場に立つ時には、どんな仕事であっても必ず患者さんを前にすることになります。
薬剤師の仕事の中でもメインとなる調剤業務においては、その医薬品を手渡すときに必ず患者さん本人に対して口頭で注意事項を説明することになっています。

このときの説明事項は単純に薬の効能や飲み方だけでなく、本人の体質や生活スタイルを聞きながらより適切な方法を考えて示していくということまでが含まれます。
これを正しく実践するためには、きちんとした薬品の知識とともに相手の様子から薬を探すという観察力が求められます。

また薬品業界においては年々新しい薬が登場してきているので、常に新しい情報をキャッチしどういった形で業務に生かしていけるかということを考えていく探究心も薬剤師としてなくてはならないものです。

プラスアルファでよりキャリアを伸ばす

もう一つこれからの薬剤師に求められる資質として、薬剤だけではない複数のスキルの獲得です。
例えば今最も増加している薬剤師の仕事にドラッグストアがありますが、そこに勤務をするときには調剤の技術だけでなく、訪れる患者さんに対してのOTCの提案といった接客技術が必要になります。

さらにドラッグストアでは店長候補として採用される薬剤師も多いので、薬剤の知識の他に店舗運営のためのマネジメントスキルを学習しておくと将来のキャリアアップに大きく役立ちます。

ドラッグストア以外の場面でも、例えば製薬会社での研究職や治験の仕事をするときには薬剤の知識以外の能力が多く必要になってきます。
キャリアに合わせ自分なりにスキルをどうその他に付け足していくかということが、長い目で見た時の薬剤師としての仕事に大きく関わっていくと言えるでしょう。

Written by SLmed7uK